概要・特色

"病める人の思いにそっと寄り添い看護を実践します。"

 交野病院は地域に根ざした病院として、住民の方々の健康を守っています。看護職においては患者様に安心感と満足感を感じていただけるよう、やさしさを形にできる看護師を育成してまいりました。患者様からは「看護師さんはやさしいのが一番よ」とおっしゃられるのを耳にします。「やさしい・・・」の言葉はその場、その時々で多くの意味を含んでいます。
どのような状況であっても患者様の声にならない声をしっかり受け止め、細やかな気配りや笑顔を絶やさずベットサイドに立ちたいと日々努力しています。

 併せて看護師は、知識と科学的な根拠をもって看護の技術を提供します。経験豊かな看護師と、新人看護師とがチームを組んで、協力して業務を行っています。
業務を行う中では患者様の笑顔にも支えられ、時には、患者様に十分お応えすることができず申し訳ない気持ちになったり一歩を踏み出せない自分に自信をなくしたりすることもありますが、私たちはそんな時ナイチンゲールの看護の本質に触れていきたいと考えています。

看護師は仕事に三重の関心をもたなければならない。 症例に対する理性的な関心  病人に対する心のこもった関心  病人の世話と治療についての技術的な関心  -看護という仕事が人間存在の基底深くかかわるはたらきであること- (著書「病人の看護と健康を守る看護(1893)」より引用)

私たちと看護を語りませんか。

看護部の理念

 患者様の尊厳を守り、安全で信頼される看護を提供します。

看護部の基本方針

  • 1.患者のいのちと権利を守り、意思を尊重した看護を実践します。
  • 2.科学的根拠に基づいた安全、安楽な看護を提供します。
  • 3.豊かな人間性を養い、信頼に応える看護を実践します。
  • 4.医療関係者との信頼関係を保ち、患者、家族を尊重したチーム医療を実践します。
  • 5.専門職としての責任を果たし、誇りをもって行動できるよう自己研鑽します。

看護部組織と看護体制

病床数 208床(一般病棟138床 回復期リハ35床 療養病棟35床)
看護単位 看護5単位 他に手術室、外来
看護方式 チームナーシング・担当看護師制
看護配置 7:1
夜勤体制 二交替制

教育目的

 看護専門職として医療・保健・福祉の幅広い知識と技術を習得し人間性豊かな看護実践できる看護職員を育成する。

教育目標

  • 1.個別性を尊重し、計画的で継続性のある看護を展開できる実践力を養う。
  • 2.医療チームの一員として看護の機能と役割を認識し、リーダーシップを発揮する。
  • 3.自己研鑽に努め、医療・保健・福祉を統合的にとらえた専門知識と技術を養う。
  • 4.病院経営に関心を持ち、健全で効果的な質の高い看護サービスを提供する。

教育・研修制度

 1.新人教育
新人看護師の方が職場環境に早く適応していただくために研修委員、実施指導者を中心に援助していきます。
 2.院内研修
各委員会が計画する研修には積極的に参加していただきます。
 3.院外研修
大阪府看護協会などが主催する研修会の参加を支援していきます。
 4.認定看護師・長期研修支援を行っています。

このページの先頭へ