外来診療担当表

概要・特色

 当院では、脳卒中(脳梗塞、脳出血、およびくも膜下出血)、頭部外傷、および脳腫瘍の診断や治療を行っています。高齢化が進んでいることから、脳梗塞や脳出血の患者様が年々増加しており、高血圧、脂質異常症や糖尿病といった生活習慣病を伴っていることが多く、それらの治療も併せて行っています。特に脳卒中は緊急性の高い疾患であり、関連病院である畷生会脳神経外科病院と連携して治療にあたっておりますが、24時間体制での救急患者様の受け入れの確立が急務です。がん患者様の増加につれて、転移性脳腫瘍の患者様も増加しており、この場合も関連病院である新生病院と連携してサイバーナイフによる定位的放射線治療を行い、切らずに治す治療を行っています。

 脳卒中に罹患した場合、言語障害、および半身麻痺などの後遺症を残す場合が多く、リハビリテーションが必要となります。当地域には、回復期リハビリテーション病院や慢性期病院がほとんど無いのが現状です。当院では、理学療法士、作業療法士に加えて言語療法士が常勤として勤務しており、急性期、回復期から慢性期まで一貫してリハビリテーションを行う、院内完結型の治療を行っています。

 脳疾患は何よりも早期発見・早期治療が必要であり、そのためにMRI、MRA等の検査を行っていますので、心配な方はご遠慮なくご相談ください。

このページの先頭へ

医師紹介

部長 山本 浩正

  • 専門分野
    脳神経外科
  • 認定資格
    医学博士、脳神経外科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、
    身体障害者福祉法指定医
  • 所属学会
    日本脳神経外科学会、日本脳神経外科コングレス、
    日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、
    日本頚部脳血管治療学会、日本脳神経CI学会、
    日本間脳下垂体腫瘍学会、日本脳神経外科救急学会、日本癌学会

松下 葉子

  • 専門分野
    脳神経外科(脳血管障害 脳腫瘍)
  • 認定資格
    日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本脳卒中学会専門医
  • 所属学会
    日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳腫瘍学会、
    日本神経内視鏡学会、日本癌学会、日本脳神経外科学会コングレス
趣味
バレエ
メッセージ
患者様に安心して頂けるよう、わかりやすい診療を心がけます。

このページの先頭へ